• 201709 « 
  • 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 
  • » 201711

[Edit]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Pagetop

[Edit]

ドリームペッツとその時代の動物のぬいぐるみ

最近個人的にドリームペッツとその時代のぬいぐるみにはまってます。

まずはドリームペッツのご説明から。ドリームペッツの歴史は1957年から始まります。アメリカのRデーキン&カンパニーが電池で動く木製の汽車を日本から輸入を始めた時に梱包材として入っていたぬいぐるみがドリームペッツです。

デーキンさんは電車よりもぬいぐるみに衝撃を受け、日本に電話した所、工場の職人達が休憩の暇つぶしに作ったものだとわかったそうです。彼らは別珍のハギレを糊で張り合わせ、木製の汽車を作るときに出るおがくずを中につめて動物を作りました。サンプルの汽車が輸送中に破損しない様に。

『この動物達をなんて呼んでるだい?』というデーキンさんの問いに、担当者は『自分達で想像したペットだから、ドリームペットと呼んでいます。』と答えたそうです。デーキンさんは汽車ではなく、ドリームペットをたくさん作ることを求めたそうです。

その後アメリカでドリームペッツは大ヒットし、社会現象になり、子ども達は競ってドリームペッツを買い求めたそうです。

長くなりましたがドリームペッツのご説明です。元々は梱包の為に作られたのに、そちらの方が人気になってしまうのがおもしろいですよね。

ドリームペッツは1970年代まで作られ、2000種類を超えるそうです。また同じ時代に作られたぬいぐるみも種類がたくさんあります。どのぬいぐるみもおがくずが詰めてあるので硬く、一個一個手作りです。

ドリームペッツやその時代のぬいぐるみの最大の魅力はユーモラスな表情だと思います。どこかオトボケで見れば見るほど愛着がわいてきます。

私自身が好きなので、お店に動物達が増えつつあります。値段は状態や珍しさによりますが、大体2000円~5000円ぐらいです。

P1010133_convert_20091217172830[1]
ダルメシアン、状態が良いので4800円です。
スポンサーサイト

Pagetop

Trackback


プロフィール

2匹のゾウ

Author:2匹のゾウ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。